シミ治療 > コラム > シミと肝斑(かんぱん)の違い

シミと肝斑(かんぱん)の違い


シミと肝斑(かんぱん)の違いを調べ対処する

肝斑は頬骨の辺りや額に出来やすく、はっきりとしないシミが左右対称に広がるのが特徴でファンデーションを塗っても肝斑の輪郭が浮き出てしまうことがあります。

肝斑は三十代から四十代にかけて発症し、決定的な原因がなく経口避妊薬の服用によって発症することや、閉経後に改善することから女性ホルモンとの関連性が指摘されています。

多くのシミは紫外線が主な原因で、紫外線対策や美白化粧品によって薄くすることが可能ですが、肝斑はほかのシミと合併していることが多く、効果があっても肝斑の方が悪化してしまうことがあるのです。

紫外線は肝斑が発生する直接的な原因ではなく、症状が悪化し再発させる因子となっており、少量でも長時間浴びると状態が良くない方向に進行します。

紫外線によるシミの発生で特に気を付ける点として、肌が色白の方は黒く日焼けをする方とは異なり、天然の紫外線吸収剤であるメラニン量が少ない為シミが出来やすいのです。

シミと肝斑(かんぱん)の治療法を理解する

肝斑治療は、美白効果のあるトラネキサム酸・ビタミンCなどの内服薬及び外用薬、更にイオン導入による治療法が施されており、ホルモンが原因ともされている為サプリメントなどで身体の中から改善する方法が効果的となっています。

従来、肝斑にレーザーを照射すると症状が悪化すると判断されてきましたが、これはシミ用のレーザーを使用したケースであり、近年開発したトーニングモードを搭載した機器はメドライトC6を導入し効果の高い肝斑治療が可能となりました。

肝斑治療の内服薬としてはトラネキサム酸・ビタミンCなどを処方し、オリジナルドクターズコスメではトラネキサム酸やビタミンCなどが高配合されたローションやクリームが出されます。

シミの中で多い老人性色素沈着にはレーザー治療が最も効果的であり、短時間のレーザー照射と塗り薬、紫外線対策などでシミを消すことが可能ですが、シミ取りに使用されるレーザーはクリニックのみで認可されているのです。

「シミ治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

オラクル美容皮膚科

エリコ先生のオススメポイント
  • 韓国最大の美容皮膚科!
  • 患者様に合った治療!
  • 安心できる治療費を!
  • 治療方法が多い!

公式サイトで詳しく見る

基礎知識

シミの名称と原因

シミ治療の方法

コラム