シミ治療 > 基礎知識 > シミのスキンケア方法

シミのスキンケア方法


シミを予防する美白成分の効果を知る

シミの発生を予防する為にはメラニンの生成を抑制する成分が役に立つのですが、そのやり方には二種類ありチロシンをメラニンに変化させることを防ぐ成分とメラニン生成の要因となるメラノサイトを抑える成分があります。

ビタミンC誘導体は通常のビタミンCよりも吸収されやすく、体内でビタミンCに変化しメラニン生成を阻止するものであり、アルプチンは美白有効成分でハイドロキノン誘導体となり時間を掛け肌に浸透する成分でありシミ・そばかすの予防に最適です。

コウジ酸は酒の醸造に使われる麹菌の成分で美白効果があることが判明しており、プラセンタは動物の胎盤から抽出されたエキスで成長成分を含み、肌に塗ると活性酸素を抑制すると同時にメラニンの生成も阻止します。

ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく体内デビタミンCに変化しますが、水溶性と脂溶性があり美白化粧品などに配合されているのは水溶性ですが、この誘導体は肌の奥でメラニンを抑え色素沈着を防ぐのです。

シミのスキンケア法を知り若い素肌を作る

シミの種類や色素の状態により対策法は異なりますが、薄いシミやくすみは美白効果のある化粧品で薄くすることが可能となります。

クレンジングは毎晩欠かさず行うことが大切であり、朝も顔に油が浮いている時には洗うことが必要となりますし、洗顔料を良く泡立ててTゾーンは指先で丁寧に洗い、擦る洗い方や化学繊維の洗顔ブラシは使用しないことが肌に負担を掛けません。

クリームや乳液は抗酸化作用のある成分が配合された製品を選び、コットンは使用せず直に手に取って使用することが効果的です。

保湿剤はセラミドや天然保湿因子成分配合の美容液が効果的で、特にシミのある部位には指で美容液を浸透させます。

シミの原因となる紫外線防止の為には日焼け予防剤の配合されてあるUV化粧品を毎日つけ、外出しない日であってもUVA波対策としてシミのある箇所には必ずつけて下さい。

化粧はパウダーや軽めのパウダリーファンデーションを使用し、紫外線によるシミを増やさない方法を取ることが大切です。

「シミ治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

オラクル美容皮膚科

エリコ先生のオススメポイント
  • 韓国最大の美容皮膚科!
  • 患者様に合った治療!
  • 安心できる治療費を!
  • 治療方法が多い!

公式サイトで詳しく見る

基礎知識

シミの名称と原因

シミ治療の方法

コラム