シミ治療 > コラム > シミ対策のための正しい洗顔方法

シミ対策のための正しい洗顔方法


シミ対策の化粧品の成分を知り活用する

シミやクスミが出来るメカニズムが解明し、様々なシミ対策用の美白化粧品が発売されていますが、選び方や使用法を間違うと良い効果が得られないだけではなく、肌トラブルを起こすのです。

美白化粧品と呼ばれる製品は正確には医薬部外品であり、薬事法によると化粧品と医薬品の中間の商品として扱われており、薬に比べると効果は緩和となっていますが、有効成分は厚生省で指定されているものです。

シミ対策に有効な美白を詠える医薬部外品に配合される成分には、次に挙げる成分とその効果があります。

アルブチンはコケモモから抽出された成分でメラニンの生成を抑制する働きがあり、カモミラETはカモミールと呼ばれる植物から抽出した成分でシミを作る指令を出すエンドセリンを抑制するのです。

トラネキサム酸は人工的に作られたアミノ酸化合物で、メラニン色素の沈着を防ぎ肝斑にも効果を発揮し、ビタミンC誘導体はビタミンCを吸収しやすくし、抗酸化作用とチロシナーゼの抑制作用があり、シミ・ソバカスの予防に有効となります。

シミ対策のための正しい洗顔法を知り毎日実行する

洗顔は肌の汚れや皮脂を落とす大切なケアですが、間違った洗顔を行っているとシミを増加する可能性があるのです。

毛穴から分泌される皮脂は適度な肌を守るバリアとして正常な働きをしますが、過剰分泌した皮脂は毛穴を詰まらせその皮脂に紫外線が当たると酸化し、シミの原因となります。

洗顔をする際に肌が突っ張る程皮脂を落とすと、それを補おうと大量の皮脂を分泌し、多く出過ぎた皮脂は毛穴を覆ってしまい、紫外線の刺激を受けるとシミが発生するのです。

洗顔をする際の温度は体温に近い三十二度から三十七度のぬるま湯が相応しく、熱過ぎるお湯も逆に冷たい水も肌の乾燥や毛穴に汚れが詰まることなど、シミの要因となる皮脂の過剰分泌を促進してしまいます。

洗顔料を直接顔に付けることや水分の少ない泡で顔を洗うのは避けることが賢明で、その理由は洗顔料が手と肌の摩擦を強くする為、肌表面のバリアが剥がれてしまうのです。

「シミ治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

オラクル美容皮膚科

エリコ先生のオススメポイント
  • 韓国最大の美容皮膚科!
  • 患者様に合った治療!
  • 安心できる治療費を!
  • 治療方法が多い!

公式サイトで詳しく見る

基礎知識

シミの名称と原因

シミ治療の方法

コラム