シミ治療 > シミ治療の方法 > トラネキサム酸(トランサミン)

ランキングはこちら

トラネキサム酸(トランサミン)


シミを予防する成分を知り役立てる

美白成分が持つ作用には、シミの要因となるメラニンを作らない働きであるメラニン生成抑制作用と既に出来ているシミを薄くする効果のあるメラニン還元作用があります。

更に、メラニン生成抑制作用は二種類に分けられ、一つはメラニンを生成するチロシナーゼと呼ばれる酵素の活動を抑制するやり方で、もう一つはメラノサイトに指令を出す情報伝達の働きを阻害する方法です。

メラニンを作る酵素チロシナーゼの活性化を阻害する成分には、ビタミンC誘導体・コウジ酸・プラセンタエキス・などが挙げられ、メラノサイトに指令を出す働きを阻害する成分にはカモミラET・トラネキサム酸などがあります。

効果的な美白成分を配合した化粧品を選ぶには予防の為に美白したい方にはメラニン抑制効果のある化粧品が向き、既に出来ているシミを消したい方は還元効果のある成分を含んだ化粧品が向いているのです。

トラニキサム酸(トランサミン)を利用した治療を受け美肌を手にする

アミノ酸の一種であるトラネキサム酸(トランサミン)にはメラニンの生成を抑制する作用や炎症を抑える作用などがあり、シミやソバカスを改善し予防する効果があります。

トラネキサム酸は抗炎症・止血効果を持ち本来は湿疹やじんましんの治療と出血を止める目的で用いられて来ました。

この成分には肝斑の改善効果があることが認められ、治療薬としても使用されることにより、近年は成分含有量に差はありますが肝斑改善薬を始めとして、シミやソソバカス治療の為の内服薬・美白化粧品に活用されているのです。

紫外線を浴びるとシミの要因であるメラニンを作り出す細胞、メラノサイトの周辺にある肌細胞からメラニンを生成させる情報が伝達されるのですが、トラネキサム酸はシミ発生物質プロスタグランジンを阻止してメラニンの生成を抑えてシミを防ぐのです。

肝斑が発生する要因として考えられるのが、タンパク質分解酵素プラスミンですが、トラネキサム酸は抗プラスミン作用を持ちメラニンが作られる前段階でメラノサイトの活性化を遮り肝斑発症が抑えられます。

「シミ治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

第1位 : 品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

第2位:湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

第3位:オラクル美容皮膚科

エリコ先生のオススメポイント
  • 韓国最大の美容皮膚科!
  • 患者様に合った治療!
  • 安心できる治療費を!
  • 治療方法が多い!

公式サイトで詳しく見る

基礎知識

シミの名称と原因

シミ治療の方法

コラム