シミ治療 > シミ治療の方法 > ハイドロキノン軟膏

ハイドロキノン軟膏


シミが出来る原因を知り治療を考える

シミの七割は紫外線によるものとなっており、光線を浴びると皮膚はメラニン色素を作って防御するのですが、この色素は肌の表面に浮上した紫外線から肌を守るのですがそれが日焼けの状態となって出てきます。

メラニン色素は役目を終えると肌の新陳代謝と共に剥がれ落ちて元の肌の色に戻りますが、加齢により代謝が弱くなると容易には剥がれ落ちず、肌の表面でメラニン色素が色素沈着を起こし出来たものがシミとなるのです。

加齢による皮膚は細胞活性が滞りメラニンの代謝も鈍くなるのですが、僅かな紫外線を浴びただけでも色素を作るメラノサイトが活性化され、メラニン色素を多量に含む表皮細胞が層になりシミとなって現れます。

シミの予防策としては紫外線を避けることが大切で、日焼け止めクリームを一年中通して使用することがシミの発生を予防するのに?がりますが、頑固なシミは皮膚科や美容クリニックでの治療を受けることが勧められるのです。

ハイドロキノン軟膏の性質と治療法を理解する

ハイドロキノン軟膏はシミ治療の外用薬として処方されるものでメラニンを作るチロジナーゼの働きを阻止し、メラノサイトを破壊してメラニン色素を生成させない作用もある強力な漂白剤です。

法律の改正に伴い化粧品にもハイドロキノンが配合されることが多くなりましたが化粧品の成分とクリニックで処方されるハイドロキノン軟膏ではその効能に大変な差があると考えられています。

近年のシミ治療ではレーザー治療とハイドロキノンを組み合わせた治療法の効果が高いとの評価を受けていますが、この二種類の治療でシミが出来る過程を抑止することが可能となる為です。

ハイドロキノン軟膏は既に発生したシミに効果があるのですが、メラニンを作るメラノサイトに働きかけてメラニン生成の指令を阻止する作用もある為、シミ自体を作らせない予防的な効果も非常に高いことになります。

高濃度のハイドロキノン軟膏は使用法を間違えるとカブレを引き起こす時もあるのでクリニックで各自の症状に合わせて処方して貰うことが大切です。

「シミ治療」は医療機関での治療が効果的!!美容皮膚科の口コミ情報ランキング

品川美容外科

オラクル美容皮膚科

公式サイトで詳しく見る

エリコ先生のオススメポイント
  • 最先端の医療機器を使用!
  • 自宅での肌ケア方法も指導!
  • 初診料・再診料は無料です!
  • 充実のアフターケアメニュー!

エリコ先生が詳しく解説

品川美容外科では、実際に手術を執刀する先生だけではなく、他のスタッフまでしっかりと研修を行い知識の向上に努めています。

公式サイトで詳しく見る

湘南美容外科

エリコ先生のオススメポイント
  • 一人の医師が最後まで担当!
  • オーダーメイド美肌治療!
  • 厚生労働省認可の薬品を使用!
  • 待合室は綺麗な半個室です!

公式サイトで詳しく見る

オラクル美容皮膚科

エリコ先生のオススメポイント
  • 韓国最大の美容皮膚科!
  • 患者様に合った治療!
  • 安心できる治療費を!
  • 治療方法が多い!

公式サイトで詳しく見る

基礎知識

シミの名称と原因

シミ治療の方法

コラム